【睡眠不足によるニキビ】ゴールデンタイムに寝よう

にきびと睡眠には深い関係があって、
睡眠不足が続くと肌の免疫力が低下して、
肌が生まれ変わるターンオーバーが乱れやすくなってしまい、
結果的ににきびができやすくなってしまうようです

にきび予防や美肌のためには、
肌の生まれ変わりが最も活発になる
午後10時から午前2時の
ゴールデンタイムに眠っていることが
どんなに高い化粧品や美容液などを使うよりも
肌にはいいといわれています

実際、睡眠不足が続くと肌の調子が悪いなと感じる方は
多いのではないのでしょうか

私も睡眠不足の翌日は
明らかに肌の調子が悪いことは実感していますし、
たっぷりと寝た翌日は、肌の調子がいいです

ただ今日はよく寝たというのは
人によって基準が違いますよね

5時間くらいの睡眠で十分な人もいますし、
私のように8時間位寝ないと寝た気がしないという人もいます(^^♪

一般的には、毎日最低6時間は睡眠時間をとることが
にきび予防にはいいようです

とはいっても、忙しかったり、なかなか寝付けなかったりして
睡眠時間が思うようにとれない方も
いますよね

私もたまに寝つきが悪いときがありますが
そんな時にやっていることがあります

次は、【睡眠とニキビの関係】質のいい睡眠をとるにはをご覧くださいね

シェアしてもらえると嬉しいです(^^♪