眠りやすい環境を整えて大人ニキビを治す

さて前回、質のいい睡眠をとってにきびを予防するように
お話しました

前回の内容は、【睡眠とニキビの関係】質のいい睡眠をとるには

その他の対策としては、寝室のお部屋はどういった感じのお部屋ですか?
お部屋のイメージを決める要素の一つとして色がありますね

よく熟睡できる環境にするには
家具やカーテンなどを眠りを誘いやすい色に
変えるのも一つの手かもしれません

では、どんな色がいいのかというと
青系統です

夏は青系統を見ていると涼しく感じますし
寝室には最適な色だと思います

夏に布団カバーの色などを青系統にしてみてはいかがですか?
特にカーテンは部屋の大部分を占めるのでここを変えるだけでも
随分お部屋の雰囲気が変わりますよ

ただし冬だと寒々しい雰囲気になるので
冬は暖色系等にしたほうが
温かみを感じると思います

私も昔は夏は青系統、冬は暖色系等にしたりと
季節ごとにカーテンの色などインテリを変えて
楽しんでいました

どの色でもそうですが
ビビットな鮮やかな色だと心が落ち着かなくなるので
寝室には不向きです

眠りやすい環境にして質のいい睡眠をとり
にきびを予防しましょう

今できているにきびは早く治すように治療して
できればもう新しいニキビは作りたくないですよね(^_^.)

その新たなにきびを作らないようにするためにも
質のいい睡眠を心がけて美肌を目指しましょう

ニキビと睡眠について書きましたが
大人にきびは、その人によって
いろいろな原因があってできるもので
なかなか治りにくいと思います。

でも、いつかは肌は生まれ変わると信じて
お手入れを頑張っていきましょうね

シェアしてもらえると嬉しいです(^^♪